支援の流れについて

支援内容

支援の流れ

以下の流れに沿って適切かつスピーディーな支援を提供いたします。
途中で想定外の事情が生じた場合でも優先して柔軟に対応いたします。

支援の流れ

事前相談→②正式面談→③必要書類の準備→④入管局に申請→⑤許可完了→⑥アフターフォロー

事前相談

先ずは、ご本人様の状況、ご希望等を伺います。
正式にご依頼いただけるようでしたら、次回の面談時までの準備事項等をお伝えします。
ご本人様ご自身で手続きする場合もご支援いたします。進めていく上で課題等もご説明します。

正式面談

この時は必ずご本人様あるいは代理の方と直接面接させていただき、以下の①②③④を実施します。
①ご契約内容とスケジュールを話し合います。気になる点は早めにお伝えいただき、案をいくつか検討した上でどのように進めていくかご判断いただくことになります。本国から取り寄せる書類がある場合は、それなりに時間を要することになります。
②必要書類は、コピーを取らせていただくか、現物をお預かりすることになります。お預かりする場合は、預り証を発行いたします。
③契約書(委任契約)を取り交わします。
④お見積書を発行します。

報酬についてはこちら

必要書類の準備

ご依頼内容にしたがって必要書類一式を取りそろえ、申請書を完成させます。申請理由書等の特別に準備すべき書類も作成します。なお、身分関係証明書などお客様に準備をお願いする場合があります。準備できましたら早めに当事務所までお知らせください。
また、準備の途中で特別にご面会をお願いする場合がございます。日程調整をお願いします。

入管局に申請

書類の準備が出来次第、入管管理局へ申請書を提出します。許可が下りる見通しを確認し、その結果をお伝えします。

許可完了

無事に許可が下りたら、速やかにご本人にお知らせします。
万が一申請が許可されなかった場合は、その理由を明らかにした上で対策を検討します。再申請する場合は、お客様に責任がなければ追加報酬は不要です。

アフターフォロー

在留期間中に注意すべき事項についてフォローいたします。(無料です。)
また、次回の更新時期や準備事項等についてもお知らせいたします。(無料です。)


報酬についてはこちら

Copied title and URL